先行研究の探し方

投稿者: Asae 投稿日時: 2012-5-25 23:31:27

先行研究を探すには、大きく分けて
 A 検索型
 B 芋づる型 があります。

A検索型は、特定のキーワードを入れて、データベースから探すもの(下記参照)。
B芋づる型は、すでに入手している論文・本の元になっている文献を、本文中の引用や参考文献から探すもの。

一般にAばかりを使う人が多いですが、この両方を併用することで、複数の方向から自分の論文に関連する研究を探すことができます。

Aの検索型での代表的なデータベースは次の通り。
1)cinii(サイニィ、NII論文情報ナビゲータ)
 最もポピュラーな学術論文データベース。「cinii」と入れて探せばヒットします。
 キーワードでも著者名でも検索できるので便利ですが、単行本や本の中の論文は検索できないのが難。
 でも、日本建築学会の論文は、そのままpdfで全文が閲覧可能。
 また、他の論文も、大学内からこのデータベースを使う場合、大学図書館にその雑誌があるかどうか、即探すことができます。所蔵がなければ、文献複写を図書館に頼めば、コピーを入手できます(方法は要相談)。

2)NDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索システム)
 日本最大の図書館の検索サービス。
 最近改訂して、本も、本の中の論文も、雑誌記事も一度に検索できるようになりました。ciniiの穴を補えます。

これを参考に論文を探してみてください。

名前※
MAIL※
SITE※
題名
メッセージ url email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough  



 [もっと...]
パスワード※
オプション ※印の項目をクッキーに保存