Bチーム初発表

投稿者: Asae 投稿日時: 2016-5-21 21:36:31

今年のBチームの初発表。
1つの建築や町をじっくり扱うテーマが多く、発表を聞いていると楽しい・・はずだけど、まだ発表慣れしていないため、手に汗握る緊張感。発表時間が短い分、調べた内容のどこを重視し、どんな順番で話すか、どのように表現するか構成が重要だし、その取捨選択がデータを「自分の研究」にする第一歩になる。
そのバランスと発表が最も良かった丸山が初回発表のMVP!
良い発表を参考にしながら、腕を磨いてください。

〈丸山〉A+  江戸時代末期の善光寺地震の被害と復興がテーマ。近世の地震としては豊富な史料の残存状況や、広範囲かつ多様な被害状況をよく整理している。地図が充実していて、ただの「災害研究」ではなく、都市史研究としての視点が明確な点も優秀。理解・文章・パワポ・発表と四拍子揃って完成度が高い。今後は、重点地域について被害状況を「都市」的な視点で分析し、その後の復旧・対サクを精査。難解な史料読解は慎重に進めること。

〈杉崎〉A-  地元神奈川の農村舞台がテーマ。1回延期分を減点したけれど、農村舞台に関わる伝統芸能とその舞台構成の特徴をよく把握しており、発表に勢いがある。40〜50年前の先行研究との対比という意義も明確。今後実際の舞台をみる上で、囃子方など「音楽」の場、楽屋や道具収納など「裏方」の場の把握が不可欠だから要補足。次回は神奈川県内の舞台の実例を具体的に分析。

〈宮内〉A- 鎌倉市に現存する旧村田邸洋館に関する研究。今後大量の図面・史料と格闘することになるけれど、その前に建築そのものの特徴を、鎌倉市内の他の事例との対比で把握。現存作品を見ておらず、資料が限られる中で、よく整理し自分の研究にしている。自分自身の作業・考察と、先行研究の指摘との区別が明確な点も良いが、最後のまとめが残念。実感を掴む意味で、史料分析の着手前に現存する鎌倉の洋館を見に行くことを勧めます。

〈二階堂〉B+ これも、朝倉彫塑館という一建築の計画過程を追う研究。先行研究が複数あり、既に現地で史料調査もしていて、実体験がある分発表がビジュアル。現存建築以前の複雑な増築過程を図示した点は良いのだけれど、その作業の意味を考えないと、押さえるべきポイントがずれてしまう。現存建築の設計上の「手本」として、改めて建替え前の規模・平面・配置や意匠の特徴を正確に把握し、どこが共通し、どこが違うのか考えてみること。

〈斎藤〉B+ 神奈川県内の歴史的建造物の保存制度に関する研究。この制度は、文化財行政と都市計画行政の二方向があり、まず文化財行政からスタート。県内の国・県・市による指定・登録文化財の全リストを完成した作業量をまず褒めたい。ただ、国の登録・指定文化財の相違がやや弱く、集めたデータの分析が個人の感想のようになってしまった点がもったいない。内容に対してレジュメが不出来な点も残念・・。作業的には他の人より一歩先を行っているから、無理に前に進まず、今あるデータを最大限活かすことを勧めます。

〈小崎〉B 先週の再発表。今回は、グリーンハウスの歴史と意匠・平面の特徴まではクリア。が、A・レーモンドの作品がまだまだ不足。「レーモンドの研究」が目的ではないから、グリーンハウスの特徴を踏まえて作品をまとめないと大事な点を見落としてしまうし、グリーンハウスの位置づけが明確にならない。なぜその作業を行うのか、研究全体における意味を考えながら進むこと。まあ、一歩、一歩・・ですね。

〈木村〉B 松本城下町の近代化がテーマ。まずは町の歴史と、城下町らしい都市構造の特徴を把握するのが都市史研究の基本。江戸中期のゾーニング図も年表も完成して、特徴もちゃんと掴んだ・・と思っていたら、発表構成とレジュメが×。図や年表をどのように作ったか、何を強調しどんな順番で伝えるべきか、聞く人の立場に立った情報の提示が大事。この都市図が今後の基礎になるから、もう一度説明しなおしてみること。現地調査に向けてファイト。

〈服部〉C+ 近代小学校舎のリノベーションがテーマ。「転用」「改造」をみるには、まず元の校舎の平面・構造を知っておく必要がある。が、およその流れは理解したものの、各時代の特徴や変化のキーワードの抽出が弱く、文部省規定の制定などの背景も薄い。何より実作品の平面や意匠がほとんど提示できていないのが×。スタートの出遅れが敗因で、完全に時間不足。ここを越えないと先に進めないから、時代ごとに適切な実作品(平面・写真)とキーワード、背景を入れてまとめなおし。


名前※
MAIL※
SITE※
題名
メッセージ url email imgsrc image code quote
サンプル
bold italic underline linethrough  



 [もっと...]
パスワード※
オプション ※印の項目をクッキーに保存