[掲示板に戻る全部  1-  最新50
2015年度卒論・修論報告
しばらくbbsを怠けていてすみません・・・。
最近会ったOBから連続して「bbsの更新が無い」「どうしたの」と言われ、反省・・。
言い訳はいっぱいあるのですが、改心してまたちゃんと書きます。

怠けている間に、今年の卒論・修論シーズンが終りました。
今年は、卒論9名、修論1名で小所帯。
このうち、学内では2名が学士論文賞、修士の猪狩も修士論文賞を受賞。
卒論の今泉は、テーマ性&密度&考察の3拍子揃って圧巻。
秦野は、途中迷走したけれど、大山町の関東大震災の被害復原図の迫力と発表でリード。
猪狩の修論は、近代農政上の住宅改善を扱ったもので、歴代でも屈指の出来。
3人ともおめでとう。

*今泉奈々絵「隠居の住宅史―民家における2世帯居住の地域差と平面の関係」
*秦野翔「大山門前町における歴史災害の被害と要因 ―大正12年災害の再検証」
*猪狩渉「戦前期の農村更生事業における住宅改善の施策と実態 ―東北地方の開墾事業・農村指導者教育にみる先進性」

荒井はノミネートで惜しかった。
職人へのヒアリングを、知識ゼロから始めて、ここまでまとめた努力を高く評価します。

*荒井亮輝「神奈川県内の建築職人の修業と伝統技術」

今日は、毎年恒例の建築史交流会。関東地域の建築史研究室の合同卒論・修論発表会で、今年は東京理科大学野田校舎で開催。
今年は、私が結婚式と重なって出席できなかったけれど、代表で猪狩と今泉が発表。
見事2人揃って受賞したそうです!おめでとう。

しかし・・猪狩の卒業後はどうしよう。すっかり小沢は猪狩ロスです。

byAsae  
 [2016-3-5 21:40:50]

BluesBB ©Sting_Band