メッセージを書く  i-mode


« 1 ... 8 9 10 (11) 12 13 14 ... 21 »

院ゼミ総括
今週は院ゼミ。
卒論より提出が1ヶ月遅いけれど、そろそろ焦ってくる季節。
今年は、M2の2人とも進捗が安定していて心配無し。2人とももう少し史料抽出が必要だけど、むしろ勝負になるのは、考察の精度と、論文としての完成度をどこまで高めることができるのか。それぞれ課題は異なるけれど、限られた時間を有効に使って、きちんと伝える努力をすること。

平野:『清水寺参詣曼荼羅』2作品を用いて、室町末期の清水寺参詣道と境内の構成と用法を検討。史料性の検討や方法・目的の説明は、あいかわらず丁寧で◎。その後の作業の基本となるのは、描かれた建物や文物の比定で、これを地図や配置上にきちんと当てることではじめて、描かれた人物の行為や性格を場所とつなげて考察できる。ところが、地図が苦手なためかその比定が甘く、異本間での描写の比較も場当たり的で弱い。緻密さ命の平野にしては珍しい。2作品を同じ地図や配置の上でプロットし、各場所の人物の行為も含めて比較してみる。できれば大会に出したいから、まず基本作業を急ぐこと。先行研究の探索を平行。

前島:前川事務所OBのインタビューと原図面の調査を経て、前川國男を中心とした論文構成に変更。今回は、集まった資料や証言を構築して、前川事務所の家具担当の職務と職能、家具デザインの思想を「論じる」ことがテーマ。作品ごとに家具を別個に設計する・・という思い込みがインタビューで覆されて、むしろモダニズム建築の思想に近い普遍性・汎用性を目指していたことが明らかになり、職務やデザインに対する見方も大きく転換。その内容が豊富な証拠できちんと裏付けられて、論理構成としてもばっちり。この文章をできる限り磨き、説得力のある論文にすることと、最後のまとめをただの繰り返しではない「考察」にすること。特に家具に対する思想は重要だから、キーワードを見直し、見過ごしている証拠がないか再検討すること。良い論文になりそう。

丸山:山形の比較として、京都の貴人通行時の準備を検討。山形より事例がものすごく多く、まとめるのは大変だけど、その分傾向はよくみえる。特に、身分による採用要素の相違が明確なため、各要素の序列や、用いる意図がみえてきた。これは大きい収穫で、「演出」として行う行為の原型や背景、採用理由に遡及できる。この傾向をさらに詳しくするために、京都の事例の補足と、キーとなる盛砂・敷砂という行為の前身の考察を加えてみる。また、文献史料を主にするからこそ、こうした要素が実際に行われた場合どんな効果を生むのか、ビジュアルに示す方法を工夫してみること。庇や看板など建築本体の改変に関する検討も残っているから、よく時間を計算して進む。着地点がみえて、格段に面白くなってきた!
by asae 
[2011-12-13 23:34:36]
 



Aチーム最終ゼミ
Aチームの最終発表。
ここできっちりまとめられると、幸せなクリスマスとお正月を迎えられる。
今年は、大きな波乱がなく、手堅いまとめで粒ぞろい。
とすると、論旨の大きな変換が少ない分、考察の深さ・緻密さが仕上がりを左右する。コメントを参考にして、組み立てと考察を再考してください。
来週のBチームも穏やかでありますように・・・。

〈青木〉9月スタートで2度目の発表。浦安の職業分布の検討に入り、史料から分布図を作成・・まではいいし、説明も丁寧なのだけど、その分析が甘く、ピントがずれている。特に、歴史的事実として町を分析するとき、現代の状態を前提にするのは危険で、同時代またはそれ以前の道や場所ごとの性格等の上でみる必要がある。浦安の成り立ちや歴史をうんと詳しくして、改めて分布図の分析を3倍濃くしてみること。

〈牛奥〉商工省工芸指導所に関与した3人の外国人デザイナーについて、その指導内容と思想を再検討。この内容と、工芸指導所の照明器具の変化の関連が正確に考察できればほぼ結論!今回の発表でその粗筋はみえて、3人の影響の相違もおよそ推測できた。先は明るい!ただし、それが「およそ」に留まるのは、1次史料の引用やキーワードの抽出が粗いため。キーワードを各人3項目以上出し、かつ全体構成と研究目的を見直した上で、関連を考察。さらに、3人の指導内容と作品に対する当時の評価を雑誌等から検討し、正確に(大事!)位置づけること。
まず、決戦は火曜日!がんばってね。

〈伊佐〉中間までと扱っている事例は同じでも、その分析方法と構成を全て見直したことで、全く違う印象になった。これに文様の具体例をもっとたくさん提示すれば、きっと良い論文になる。注意したいのは、1)論文上の用語の再定義(基本形、アレンジ、構成、建具意匠など)とその説明、2)文様、建具意匠、現存作品との関連の各章での1の用語を使わないまとめ、3)書誌ではなく意匠論としての考察、を心がけること。それができれば、もう結論。見通しは明るい!

〈寺籠〉4居留地の遊興施設の検討を踏まえた比較検討が今回の課題。各施設の和洋の様式や用法がより詳しくなったことで、施設ごと、都市ごとの相違がくっきり見えている。これでばっちり結論・・・と思っているのに、どうも考察の歯切れが悪い。複数の要素を関連づけた分析は確かに難しいけれど、それができないと豊富なデータがもったいない。外国側の要望や規則との関連も含めて、都市ごとの相違がクリアになるよう分析を深め、「都市史」の論文らしいまとめをする。それを本人が文章にできさえすればすぐ結論。ゴールを外さないように。

〈手嶋〉中間発表より分析項目を増やし、その相互関係がわかるグラフも追加して、名称ごとの茶室の特徴の相違を再検討。また、名称が歴史的事実を知るための史料性を持つのか、主要茶室で検証。よく努力している。が、「再検討」ならば、各名称のまとめは中間を流用することは絶対にできないはずなのに、なぜかそのままなのが非常に不満。これをやり直し、語源と比較する意味をよく理解しないと、たぶん先に進まない。自分を甘やかさないで、後半の分析とその作業目的を書き直す。かつ茶室の成立に関する先行研究を再確認して、自分の出した傾向とどこが違うのか、位置づけを明らかにする・・と結論がみえる。難しいけれど逃げないこと。

〈荒井〉中間発表後に発見した、横浜の関東大震災復興時の公園計画案の分析に着手。この部分だけで十分卒論1本になる量と内容で、それを1ヶ月で進めたパワーに脱帽。ごく一部だけが取りあげられていた計画案の実施状況を追跡し、かつ計画地の前身を精査して繋ぎ合わせることで全体像が明確になった。圧巻の内容。今回のMVP。これを、計画と実施状況に分けてポイントをまとめ、かつ東京の復興計画と比較した特徴をあげて、計画全体の位置づけをすることが今後の課題。それを踏まえて、他の章の構成や表現を練り直す必要もある。残り時間が限られているのが辛いけれど、絶対に外せない作業から優先すること。

〈草ヶ谷〉前回から、農村住宅の台所改善の具体的な事例に検討が移り、内容がビジュアルでわかりやすくなった。特に今回は事例も増やし、写真や図面からこそわかる空間・設備の特徴を使い方と合わせて指摘していて、丁寧な良い発表。改造事例のビフォー&アフターの検討がまだ物足りないから、何が変ったのか項目別にチェックするなどより詳しい分析を追加。これに、改善への取り組み方の特徴をプラスすれば、ほぼ結論!範囲を広げるより、分析の内容を出来る限り深くして、農村住宅の台所改善をきちんと評価してほしい。
by asae 
[2011-12-10 22:28:37]
 



10期生決定
現3年生の希望調査が終了し、2012年度のゼミ生を決めました。
今度がちょうど10期生!!月日が立つのは早い。

来年度は、9月スタートの青木も含めて、男子10名、女子4名。久々に女子少数。
相模5、高輪1、浦安2、三高1で付属多し。
他は、愛知・群馬・京都など。

やんちゃ坊主が多そうな・・。
平野&荒井の院生お姉様コンビとがんばります。
by Asae 
[2011-12-3 14:13:22]
 



Bチーム発表
今週は、前島修論のため福島に前川事務所OBへのインタビュー調査に行き、ノリノリで帰ってきた・・重要な話がたくさん聞けて、次の院ゼミは乞うご期待。

で、気持ちを切り替えて、今日は4年のBチームの発表。
恐ろしいことに、2ヶ月後がもう卒論提出で、次の12月がもう最後のゼミ発表。1年は早い!
今回のゼミで残る作業の方針が立っていると安心だけど、7人中2人は危うい・・・。これから1週間で体勢を立て直すこと。

以下講評。

小川:作業量が多く、質も高く、発表もうまくて、言うこと無し。日本大通りに平行する2本の通りの古写真等の史料を網羅し、それを元に配置図も完成して、日本大通りを挟んだ性格や景観の相違がビジュアルにわかる。・・が、せっかく良い図ができたのに、分析が甘いのが惜しい点で、今の3倍以上の指摘ができるはず。また、地所規則での規定は「計画」であり、現実と比較するのは「実態」の把握が目的なので、そのポイントがわかるよう再検討。とはいうものの、出来の良さは間違いない。秋学期初のMVP!次は苦手な法規の検討。

庄司:中間までの耐震手法の調査に対し、今度は調査地域の歴史地震の被害を検証。この場合、通常は統計的資料による「数字」での検討が主になるが、被害状況がわかる個々の建物のマッピングによってより密に分析している点がポイントで、その作業の正確さと説明が秀逸。小川に負けない出来。この被害地図が面白いから、その密度をさらに上げ、かつ被害履歴と耐震手法の選択の差をより詳しくみるための補足事例が欲しい。補足調査は早急に。

池田:建築・インテリア雑誌の出版状況について、中間までは統計的なデータで全体像を把握し、中間後は出版意図を詳しくみるため、画期に当たる年代の創刊誌に注目して、創刊号を検討。その収集がやや遅れぎみ。キーワードの抽出は的確だけど、その分析が怪しい。雑誌からみたいのは、当時の建築界に対する人々の捉え方・考え方であって、建築界そのものの動向ではないし、1誌ではなく複数誌を比較することで、社会全体に通底する考えがみえるはず。そのポイントをはずさないよう気をつけること。

吉本:旧中島村について、建築年代や屋敷林などのアンケート調査を実施。かつ、その個性を周囲から補足するため近隣の調査成果を整理。後者が意外とおもしろく、海風を防ぐための配置等がわかり、中島村の分析に十分活かせそう。素直な分析。今後は、肝心の中島村を詳しくするため、アンケートを元にした聞き取り調査が大事だから、調査日程を早急に私と相談して、お休みせずに即!進めること。調査時に屋敷林と建物外観の撮影必須。

伊藤:先週火曜に調査に行って、間に内定式で帰省して、よくぞ整理が間に合った!その努力がえらい!調査整理は手慣れたけれど、研究目的と方法は再検証が必要。先行研究からみる古材転用の全体像と意味を整理し、その上この研究で扱う範囲を再度確認して、もう一度研究目的を書いてみる。それから今回の調査成果をみると、意味がもっとわかるはず。また、小牧家については、転用材の使用方法の説明とその特徴を、2倍詳しくすること。

相良:神社境内の舞台建築がテーマで、中間でその平面と配置の類型化ができたはず。中間後は、その組み合わせによる再分類と、それぞれの性格や機能の相違、およびその背景の分析が課題。・・・なのだけど、詳細に分析するための平面や配置のデータ収集が遅く、必要なデータが揃わないため、分析が「感想」にみえる。網羅的な事例を扱う場合、データの正確さと量がとにかく大事。1週間以内にデータの整備を必ず終了して、ポイントを見いだすこと。本論も合わせ、急がないと危険。

武本:中間まではいかにも中世的な賤ヶ岳城、中間後は近世城郭の完成形である大坂城を絵画試料から検討。とすれば、まずその2城を扱う意味が説明できなければいけないし、大規模城郭だからこそ正確な図化と、規模にふさわしい分析項目が必要・・なのに、その全てが危ない。まず1週間以内に正確な図化と、研究目的の再検討を進め、早急に分析ポイントを打ち合わせること。そのポイントさえ決まれば、意外とゴールは近い・・はず。

次回発表では、全員、研究タイトル・目的・方法を再検討し、結論への方針を示すこと。
できる・・かな・・・。
by Asae 
[2011-11-25 23:04:37]
 



2012年度小沢研究室希望の3年生へ
2012年度の卒業研究希望調査が11月7日から始まります。
3年生は掲示と学科HPに注意してください。
小沢研では、下記の通り説明等を行います。

---------------------
小沢研究室は、日本の建築・都市の歴史をテーマとしています。
卒論テーマは、各自の関心で決定します。11年度の卒論・修論は、中間梗概を研究室前に掲示中。それ以前の卒論テーマや内容は、研究室に資料があります。
研究室見学も可。私が不在の場合は、院生または4年に質問してください。

また、下記の日程で公開ゼミを行います。
 11月18日(金)13:25〜16:40
 11月25日(金)13:25〜16:20  *いずれもH棟2階山田記念室

なお、今年の定員は各研究室12名です。
日本建築史を履修していることを条件とします。
希望者は、下記の日程のいずれかで小沢と面談してください。

 11月9日(水) 13:00〜16:30
 11月10日(木)11:00〜17:00
 11月16日(水)10:00〜13:00
 11月17日(木)11:00〜15:30 ←変更
 11月21日(月)11:00〜18:00
 11月24日(木)12:30〜17:00 ←変更
 11月28日(月)11:00〜16:30

メールでの質問も受け付けます。
by asae 
[2011-11-4 7:35:47]
 



« 1 ... 8 9 10 (11) 12 13 14 ... 21 »

BluesBB ©Sting_Band
skin_Design: Amuy inc.